車庫証明とは?

 車庫証明とは,自動車の保管場所を確保したことを証明する書面であり,正しくは,自動車保管場所証明といいます。
 この車庫証明は,次のような場合に必要となります。

(1)

 新規登録
 新車・中古車
(ナンバーがない場合)を購入して登録しようとする場合

(2)

 変更登録
 転居等に伴って,登録してある自動車の使用の本拠の位置(住所・営業所等)を変更した場合

(3)

 移転登録
 転売等に伴って,自動車の保有者が変わり,かつ,使用の本拠の位置が変わった場合

 なお,同証明書の有効期限は,証明日から1か月以内です。

保管場所として認められるための要件

 保管場所に必要な要件は,自動車の保管場所の確保等に関する法律施行令1条により,次のように規定されています。

(1)

 自動車の使用の本拠の位置から2km以内であること(運送事業用自動車については,国土交通大臣が定める距離を超えないものであること)

(2)

 道路から支障なく出入りができ,かつ,自動車の全体を収容できるものであること

(3)

 自動車の保有者が自動車の保管場所として使用する権原を有するものであること

 

車庫証明に関する罰則

 車庫証明に関しては,次のような罰則があります(自動車の保管場所の確保等に関する法律17条,18条参照)。    

 

 道路上の場所を自動車の保管場所として使用した場合
   → 3か月以下の懲役又は20万円以下の罰金  

 

 虚偽の申請をした場合
   → 20万円以下の罰金  

 

 軽自動車の保管場所届出をしない場合
  → 10万円以下の罰金